読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ikemonn's blog

技術ネタをちょこちょこと

コンピュータアーキテクチャのエッセンス 3章

データやプログラムの表現

  • 基礎となるディジタルハードウェアには0,1の出力がある
    • これをビットとし、データやプログラムを表現するのに複数のビットを使う
  • コンピュータは各々でバイトのサイズを定義していて、現行システムでは通常8ビット = 1バイトである
  • 符号付き整数を表現するのに2の補数表現がよく使われる
    • 2の補数表現の整数と符号なし整数の両方の演算を行える1つのハードウェアを作ることができるから
  • ANSIIEEEといった組織が表現方法の標準を策定した

参考

コンピュータアーキテクチャのエッセンス (IT Architects Archiveシリーズ)

コンピュータアーキテクチャのエッセンス (IT Architects Archiveシリーズ)

  • 作者: ダグラス・E・カマー,Douglas E. Comer,鈴木貢,中條拓伯,仲谷栄伸,並木美太郎
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 107回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る

広告を非表示にする