ikemonn's blog

技術ネタをちょこちょこと

コンピュータアーキテクチャのエッセンス 6章

オペランドアドレッシングと命令表現

  • プロセッサを設計するとき、アーキテクトはオペランドの数と型を各命令ごとに選択する
  • オペランドを効率的に取り扱うために、大抵のプロセッサはその数を3つ以下に制限する
  • オペランド数と型の選択には、機能性、プログラミングの容易さ。処理速度といった工学的な詳細の間でトレードオフがある

参考

コンピュータアーキテクチャのエッセンス (IT Architects Archiveシリーズ)

コンピュータアーキテクチャのエッセンス (IT Architects Archiveシリーズ)

  • 作者: ダグラス・E・カマー,Douglas E. Comer,鈴木貢,中條拓伯,仲谷栄伸,並木美太郎
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 107回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る

広告を非表示にする