読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ikemonn's blog

技術ネタをちょこちょこと

【vim】vim <tab>で ファイル名を補完しようとすると、エラーが出る時の解決方法

vim

症状

oh-my-zshを入れたあとに、vim でTabを使ってファイル名を保管しようとすると_vim_files: function definition file not foundというエラーがでる。

解決方法

# 下記のファイルのあとに自分のMacの名前が付いていることがあるので、ls -la等のコマンドで確認
$ rm ~/.zcompdump
$ exec zsh

参考

arguments:448: vim_files: function definition file not found · Issue #518 · robbyrussell/oh-my-zsh

【Underscore.js】_.matcherを読んだ

JavaScript

jashkenas/underscore_.matcherを読んだ。

概要

_.matcher(attrs)

引数の「key : val」と同じものがあるかを判別する部分適用した関数を返す。

var matcher = _.matcher({age: 20, sex: "male"});
console.log(matcher({age: 20, sex: "male", country: "JP", name: "HOGA"})); // true

ソースコード

_.matcher = _.matches = function(attrs) {
    attrs = _.extendOwn({}, attrs);
    return function(obj) {
      return _.isMatch(obj, attrs);
    };
  };

引数をshallow-copyして、それを_.isMatchに渡した関数を返している。

参考

jashkenas/underscore

【Underscore.js】_.omitを読んだ

JavaScript

jashkenas/underscore_.omitを読んだ。

概要

_.omit(object, *keys) 

第1引数から第2引数以降で指定したkey値以外のkey値とその値で構成されたObjectを返す。

var x = _.omit( {age: 20, sex: "male", country: "JP", name: "HOGA"}, ['age', 'sex']);
console.log(x); // {country: "JP", name: "HOGA"}

ソースコード

_.omit = function(obj, iteratee, context) {
    if (_.isFunction(iteratee)) {
      iteratee = _.negate(iteratee);
    } else {
      var keys = _.map(flatten(arguments, false, false, 1), String);
      iteratee = function(value, key) {
        return !_.contains(keys, key);
      };
    }
    return _.pick(obj, iteratee, context);
  };
var keys = _.map(flatten(arguments, false, false, 1), String);

をしているのは、JSのobjectのkeyはString型であり、_.containsは===で比較するため。

参考

jashkenas/underscore

【Underscore.js】_.pickを読んだ

JavaScript

jashkenas/underscore_.pickを読んだ。

概要

_.pick(object, *keys)

第一引数から第2引数以降で指定したkey値とその値で構成されたObjectを返す。

var x = _.pick({age: 20, sex: "male", country: "JP", name: "HOGA"}, 'age', 'country');
console.log(x); // {age: 20, country: "JP"}

var y = _.pick(list, function(val, key, obj){
    return _.isNumber(val);
});

console.log(y); // {age: 20}

ソースコード

_.pick = function(object, oiteratee, context) {
    var result = {}, obj = object, iteratee, keys;
    if (obj == null) return result;
    if (_.isFunction(oiteratee)) {
      keys = _.allKeys(obj);
      iteratee = optimizeCb(oiteratee, context);
    } else {
      keys = flatten(arguments, false, false, 1);
      iteratee = function(value, key, obj) { return key in obj; };
      obj = Object(obj);
    }
    for (var i = 0, length = keys.length; i < length; i++) {
      var key = keys[i];
      var value = obj[key];
      if (iteratee(value, key, obj)) result[key] = value;
    }
    return result;
  };

第二引数が関数の場合、各プロパティに対して渡した関数実行される。 関数でない場合は、指定したkeyのプロパティを第一引数のobjectから取得している。

参考

jashkenas/underscore

AtomでXcodeのようにcmd-shift-jで、現在開いているファイルをTree View上で見つける

f:id:ikemonn:20151022181649g:plain

Atom -> 個人設定 -> Keybindings -> “your keycap file”  で下記を追記すればOK。

# 現在開いているファイルをTreeViewで指定する
'.platform-darwin':
  'cmd-shift-j': 'tree-view:reveal-active-file'

【Underscore.js】_.extendと_.extendOwnを読んだ

JavaScript

jashkenas/underscore_.extend_.extendOwnを読んだ。

概要

_.extend(destination, *sources) 
_.extendOwn(destination, *sources)
  • extend: sourcesに含まれている全てのプロパティ(プロトタイプを含む。)をdestinationにコピーしたものを返す
  • extendOwn: sourcesに含まれている全てのプロパティ(プロトタイプは除く)をdestinationにコピーしたものを返す
var Hoge = function(){};
Hoge.prototype.own = false;

var a = _.extend({}, {own: true}, new Hoge());
console.log(a); // {own: false}

var b = _.extendOwn({}, {own: true}, new Hoge());
console.log(b); // {own: true}

ソースコード

_.extend = createAssigner(_.allKeys);
_.extendOwn = _.assign = createAssigner(_.keys);


var createAssigner = function(keysFunc, undefinedOnly) {
    return function(obj) {
      var length = arguments.length;
      if (length < 2 || obj == null) return obj;
      for (var index = 1; index < length; index++) {
        var source = arguments[index],
            keys = keysFunc(source),
            l = keys.length;
        for (var i = 0; i < l; i++) {
          var key = keys[i];
          if (!undefinedOnly || obj[key] === void 0) obj[key] = source[key];
        }
      }
      return obj;
    };
  };

.allKeysでは、自身のプロトタイプのプロパティのkeyまで取得でき、.keysでは自身が持っているプロパティのkeyのみを取得できる。

参考

jashkenas/underscore

【Underscore.js】_.mapObjectを読んだ

JavaScript

jashkenas/underscore_.mapObjectを読んだ。

概要

_.mapObject(object, iteratee, [context])

objectの各値に第2引数で指定した関数を適用した第1引数を返す。.mapは値の配列を返すが、.mapObjectはオブジェクトを返す。

_.mapObject({age: 20, score: 50}, function(val, key){
    return val + 5;
}); // {age: 25, score: 55}

_.map({age: 20, score: 50}, function(val, key){
    return val + 5;
}); // [25, 55]

ソースコード

_.mapObject = function(obj, iteratee, context) {
    iteratee = cb(iteratee, context);
    var keys =  _.keys(obj),
          length = keys.length,
          results = {},
          currentKey;
      for (var index = 0; index < length; index++) {
        currentKey = keys[index];
        results[currentKey] = iteratee(obj[currentKey], currentKey, obj);
      }
      return results;
  };

_.mapとは違い、返す値をpushしていくresutlsがオブジェクトになっており、そのkeyには元のオブジェクトのkeyを指定している。

参考

jashkenas/underscore