ikemonn's blog

技術ネタをちょこちょこと

コンピュータアーキテクチャのエッセンス 17章

並列化

  • 並列化はハードウェアの性能を向上させるために使われる1つの基本的な技術
  • コンピュータシステムの多くの装置は並列ハードウェアを持っており、並列プロセッサを持っている場合にのみ、並列アーキテクチャとして分類される
  • SISD
    • 単一命令単一データ流
    • 1度に1つの命令で1つのデータを処理する
  • SIMD
    • 単一命令複数データ流
    • 1つの命令で1つの配列を処理する
    • ベクトルプロセッサやグラフィクスプロセッサ
  • MIMD
    • 複数命令複数データ流
    • 複数の独立したプロセッサを持ち、それらが同時に動作し、別々のプログラムを実行する
  • 理論的にはN個のプロセッサを持つ汎用のマルチプロセッサの処理速度は単一プロセッサのN倍速い
    • メモリの競合や通信のオーバーヘッドによって、処理速度はプロセッサ数に比例して増加しない

参考

コンピュータアーキテクチャのエッセンス (IT Architects Archiveシリーズ)

コンピュータアーキテクチャのエッセンス (IT Architects Archiveシリーズ)

  • 作者: ダグラス・E・カマー,Douglas E. Comer,鈴木貢,中條拓伯,仲谷栄伸,並木美太郎
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 107回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る

広告を非表示にする