ikemonn's blog

技術ネタをちょこちょこと

コンピュータアーキテクチャのエッセンス 12章

キャッシュとキャッシュ機構

  • キャッシュ技術はコンピュータシステム全体において基本となる最適化技術
    • アクセス要求を検知
    • 自動的に値を格納
    • 可能な限り高速にアクセス要求に答える
    • 多重レベルキャッシュ階層や、先読みキャッシュがある
  • キャッシュ技術は物理メモリと仮想メモリの双方で利用される
    • 2レベルキャッシュが一般的
    • L1キャッシュ: プロセッサ内に組み込まれる
    • L2キャッシュ: プロセッサ内 or 外部
    • L3キャッシュ: 物理メモリ
  • ダイレクトメモリキャッシュ
    • ハードウェアにより高速にキャッシュ検索が可能になる
  • セットアソシアティブキャッシュ
    • 並列アクセスによりダイレクトマッピング方式を拡張したもの

参考

コンピュータアーキテクチャのエッセンス (IT Architects Archiveシリーズ)

コンピュータアーキテクチャのエッセンス (IT Architects Archiveシリーズ)

  • 作者: ダグラス・E・カマー,Douglas E. Comer,鈴木貢,中條拓伯,仲谷栄伸,並木美太郎
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 107回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る

広告を非表示にする