ikemonn's blog

技術ネタをちょこちょこと

はじめて読む486 1章

3つの動作モード

  • 486は下記の3つの動作モードをもっている

    • リアルモード
    • プロテクトモード
    • 仮想8086モード
  • リアルモード

    • 従来との互換性を保っているモードで、MS-DOSを利用できる
      • 8086とほぼまったく同じ動作をする
  • プロテクトモード

    • MS-DOSからWindowsを起動するとこのモードに切り替わる
    • 拡張機能が有効になる
    • 過去との互換性はない
  • 仮想8086モード

    • 基本的にMS−DOSと同じ動作をする
    • Windowsを終了させることなくMS-DOS用のアプリケーションを利用できる
    • メモリ管理やタスク管理はプロテクトモードのWindowsが行う

64Kバイトの壁と640Kバイトの壁

  • 連続して使用できるメモリが64Kバイトまで
  • 合計640Kバイトまでしか、メモリのアドレスとして使えない
  • 486は32ビットなので、連続した1Mバイト以上のメモリを使える

64Kバイトの壁

  • 8086のセグメントアーキテクチャからくる制限
    • 連続した領域としてアクセスできるのは64Kバイトまでであることを意味する
    • 8086がメモリのアドレスを16ビットの値を使うことが原因

640Kバイトの壁

  • 8086ではアドレスを20ビットで表現していることからくる制限
    • アドレス空間が1M(220)バイトしかとれない
    • 640Kバイトまでのアドレスはメモリ、それ以上は画面表示のハードウェアやBIOS用のROMを搭載するために使われる

参考

広告を非表示にする