ikemonn's blog

技術ネタをちょこちょこと

【Laravel】Vagrant1.4.3とLaravel4.1で開発環境構築

Laravel4.1系とLAMP環境を使えるようにする。

VirtualBoxVagrantのインストール

VirtualBoxVagrantをインストールしておく。

Laravelのインストール

bryannielsen/Laravel4-Vagrantを参考にする。

リポジトリをcloneする。

$ git clone https://github.com/bryannielsen/Laravel4-Vagrant.git

cloneしたディレクトリに移動する。

$ cd Laravel4-Vagrant

タイムゾーンを変えておく。

$ vim VagrantFile
↓
 lv4_config.vm.provision :shell, :inline => "echo \"Asia/Tokyo\" | sudo tee /etc/timezone && dpkg-reconfigure --frontend noninteractive tzdata"

VagrantFileの修正が終わったら、Vagrantを立ち上げる。

$ vagrant up

立ち上がったらhttp:://localhost:8888へアクセスして確認する。

スクリーンショット 2014-01-16 5.15.19.png

最後にapp/stroageのパーミッションを変えて終了。

chmod -R 777 www/app/storage/

ホスト側(Mac,Windows)のLaravel4-Vagrant/www/以下を編集するとVM上のソースも連動して変更される。

参考

bryannielsen/Laravel4-Vagrant

広告を非表示にする